風雲

風雲 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

風雲

最近中国(香港)のドラマにハマっている。
先日、水霊(シュイ・リン)主演の白髪魔女伝を見終わり、今は何潤東(ピーター・ホー)と趙文卓(チウ・マンチェク)が主演の風雲を見ている。

中国に旅行に行った時からドラマは大好き。
言葉がそんなに分からなくても身振り・手振り・顔の表情で話は分かるのがまた助かる。
中国は多民族国家なので、字幕は中文で表示される。
英語の映画に英語の字幕が表示されている、みたいな雰囲気だ。
お陰で漢字の雰囲気からも意味が分かりやすいというわけだ。

ところで、今挙げたドラマはどれも仁侠ものと呼ばれるジャンルのもので、普通の現代の恋愛ドラマとは趣が異なる。
日本で言うと、時代劇とヤクザ物の中間かもしれない。

いくつか法則があって、この「パターン」がまた面白い。
ツッコミどころ満載で、あり得ないことだらけなところがまた魅力なのである。

・少林寺などの武術会がからんでくる
・主要登場人物は、むしろ女の方が多い
・男も女も超強い
・むしろ女の方が強い
・いつ恋に落ちたのか分からないくらい、初めから相思相愛の相手は決まっている
・一度は第三者と結ばれる羽目になる
・相思相愛の二人は最後の最後にならないと結ばれない
・途中で結婚式の場面が必ず登場する
・血を吐く
・空を飛べるのに、肝心な時に飛ばない
・主役は死んでも生き返るが、ザコはそのまま死ぬ
・すげー動きが速い
・剣はぺらっぺらに見える
・昨日の敵は今日の友、今日の友は明日の敵

こんなもんだろうか…
もっとある気がする。

もう一つの魅力、それは主題歌である。
耳に馴染みやすい曲が多いので、歌詞を書き写してピンインを調べて、覚えたりなんかしている。
でもカラオケで歌える可能性はものすごく低いので、大声で歌うのは家の中だけになりそうだ。
スポンサーサイト

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。