小太郎冒険する

小太郎冒険する に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

ちょっと説明しにくいのですが、要するに私の不注意で小太郎が脱走しました。
それも…屋根の上に。

「こてちゃん、小太郎は?」
小鉄が返事をする訳もないのですが、訊ねるとそわそわうろうろしていました。
「こたー」
呼んでみると、「たしゅけてくれーい」というような鳴声が聞こえ、すぐに外に出たことは解りました。
どこにいるんだろうかと表に出ると、なんと屋根の上に。
自力で降りられなくなって、困っていたようです。

わが家は平屋なので、お隣との境にある塀の上に昇り、抱きかかえて下ろすしかありません。
と思ったら、カラスがやって来たらしく、小太郎がカラスの方へ行ってしまいました。
こんな時はエサ。なんとかささみの削節に釣られてくれました。

腕をつかんでゆっくり引きずり出し、なんとか抱きかかえて下ろしました。
後ろ足で顔を引っかかれ、ちょっとだけヤ○ザな頬になってしまった私でした。
小太郎、本当に重かった~

「母ちゃんが悪かったよ。もうちゃんと猫と認めます。」
普段から、特におデブな小太郎を「高いところに登れない、飛べない、降りられない」とからかっていましたが、やっぱりデブってても猫だということを思い知りました。

残念なのは、写真を撮らなかったことなんですよ…
あー撮っておけば良かった。
スポンサーサイト

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。