温泉の夢

温泉の夢 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

見ず知らず子供3人と温泉に行った夢。

温泉に行ったにも関わらず、露天風呂が旅館から離れていたのと、疲れていたので旅館でもう寝ようと思った。
すると、どこかから「旅館の中にも温泉あるよ」と聞こえたので、行ってみることにした。

湯船に浸かっている人の中には、友人miomioさんと先日出産したTさんもいたので、そこへ行こうと思った。

足をお湯に浸けてびっくり。
ぬるっ

とりあえずTさんに「おめでとう?」と言い、miomioさんに「二人目はまだ??」と聞き、なぜか解らないが早々にその旅館を立ち去ることにした。

帰りはモノレールのようなエレベーターだった。
もちろん、上下にも動くが水平にも動くシロモノだった。
乗客は私たち4人と他2人。広いエレベーターだったので、がらがらだった。
「今日は空いていて良かった?。この前はぎゅうぎゅうだったなぁ」
と思った。

!!!
じゃぁ以前にもここに来たことがあったのね。

そのエレベーターは、富士急ハイランドのFUJIYAMAの脇を通り抜けていった。
ぶつかりそうで怖かった。

エレベーターを降りると、どこから被っていたのか不明なでかい帽子がずり落ちてきて仕方がない。
脱げば良かったのに、脱がなかった。
なんとなくテンガロハットのような感じだった。

到着した場所に、中学時代の同級生がいて、記念写真を撮ってくれた。

スポンサーサイト

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。