エリザベス女王杯

エリザベス女王杯 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

今日はスタート直後に武豊騎手が落馬するという、彼の至芸を見ることができた記念日となった。
武騎手といえば、皐月賞馬ノーリーズンでの落馬(@菊花賞)が有名で、ディープインパクトの時にもそれはそれは心配した。

でもまあ、天才にだって一つくらいお茶目なところがないとね。
なんて、関係者じゃないので気楽なことを言ってみる。
その後、ケガも何もなかったんだろうか。


で、私的大本命のカワカミプリンセスはと言えば、最後伸びず2着に終わった。
ノリさーん(涙)

でも実は空馬のポルトフィーノにばかり目が行って、ほとんどカワカミプリンセスを見ずに終わってしまったのよ。(リプレイ見なくちゃ。)
だって、空馬で完走するなんて偉いよ。
大概4コーナーでどっか行っちゃうじゃない。
しかも1着よ(笑)


あとは期待していた天才少年・三浦皇成とビエンナーレ。
-12kgっていうのが気になったけど、天才少年に賭けてみた。
そしたら振るわない成績だった。(14着)


さらにムードインディゴと福永祐一。
2着続きだったので、今回も…と思ったけど、甘かった。(6着)


そのような次第で、今回はオケラでござんした。
リトルアマポーラちゃん、ルメール騎手、おめでとうございました☆

結果はこちら

エリザベス女王杯

エリザベス女王杯

エリザベス女王杯
スポンサーサイト

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
ポルトフィーノ落馬したんですね・・空馬1着v-230残念です。
実はポルトフィーノは募集時に抽選でハズレた実績があります(笑)
2008/11/16(日) 20:51 | URL | kekke-. #-[ 編集]
kekke-.さんへ
そうなんですよ、空馬なのに頑張ったんです。
こういう時って、本当の1着が色あせて見えてしまうのは私だけでしょうか。

ポルトフィーノちゃん、クロフネとエアグルーヴの子ですか。
そりゃあ人気が集中したんじゃないですか?
残念でしたね。

改めまして、ブエナビスタちゃん、優勝おめでとうございました☆
2008/11/16(日) 21:18 | URL | Mulan #GOF202zQ[ 編集]
落馬の武豊は両肩打撲
落馬の武豊は両肩打撲、40億円分の馬券が一瞬で……=エリザベス女王杯
2008年11月16日(日) 19時38分スポーツナビ

JRA秋の女王決定戦・第33回GIエリザベス女王杯が16日、京都競馬場2200メートル芝で開催され、クリストフ・ルメール騎乗の4番人気リトルアマポーラ(牝3=長浜厩舎)が優勝。

一方、女王エアグルーヴの仔で3番人気の支持を集めていた良血ポルトフィーノ(牝3=角居厩舎)は、発走直後に同馬がつまづき鞍上の武豊がまさかの落馬、競走中止となった。

なお、ポルトフィーノ関連の馬券は、エリザベス女王杯の合計発売金168億9115万3100円のうち、23.84パーセントにあたる40億2732万6200円。
この約40億円分の馬券がスタート直後に紙くずになったことになる。

まさかの光景だった。
ゲートが開いてすぐ、ポルトフィーノがつまづき、武豊が落馬。
およそ5万5千人のファンが集まった京都競馬場からは、大きな悲鳴とどよめきが起こった。
ポルトフィーノはカラ馬のまま、大きな事故もなくレースを完走。

同馬を管理する角居調教師は「左前脚に外傷があったのと、右トモ(後肢)のつなぎも痛めたみたいですが、ほかは大丈夫です」と、ポルトフィーノのレース後の状態を説明。
大きなケガはなかったようだが、「残念です」と肩を落とした。

桜花賞はレース前日に左寛ハ行で出走取り消し、オークスは11日前に骨折が判明し休養、秋華賞はフルゲート18頭中賞金が19番目で除外、そして、エリザベス女王杯でのスタート直後の落馬……。
素質満点のポルトフィーノだが、GIでは完全に運に見放されてしまった。

また、騎乗した武豊は、両肩打撲の診断がJRAにより発表。
こちらも大きなケガはなかった。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20081116-00000022-spnavi-horse
2008/11/16(日) 21:26 | URL | Mulan #GOF202zQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。