有馬記念(GI)

有馬記念(GI) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

いやぁ~びっくり。
私の知ってるレースではダイユウサクに次ぐびっくりだった。

結果はこちら
人気投票の結果はこちら

全然考えもしていなかったなぁ、マツリダゴッホ。
しっかし、見事な勝利だったなぁ。
人気どころはほとんどみんな追いつけもせず惨敗だったし。
蛯名さんもびっくりしてたし(笑)

3連単の配当は80万を超えてたけど、結局今年のG1はほとんど全部荒れてた気がする。

私が応援していたのはドリームパスポートとウォッカ。
ドリパスは買わなかったら来るんで、買わなきゃ症候群なのだ。
ウォッカは…ジャパンカップよりもうちっと頑張ってくれると思っていたんだけど。
やっぱりスカーレットは天敵だなぁ。
ここで2着にでもなってくれていたら、年度代表馬にノミネートされてたろうに。

それにしても、ダイワ兄妹は馬主孝行な子たちだねぇ。
兄ちゃんは立派なラストランだったと思う。
妹もねばって頑張ったし。
アンカツはどっちに乗ろうか迷わなかったんだろうか。

20071223

20071223

夕方からはM-1グランプリ。
なんだか今日はグランプリ日和で(笑)

POISON GIRL BANDがねぇ…
好きなんで期待していたんだけど。
ツブツブ中日がピークだったのかなぁ。

それはともかく、今日はマツリダゴッホにもトータルテンボスにもサンドウィッチマンにも笑わせてもらって、幸せな日だった。



↓続きはスポーツナビの記事のコピペです。
蛯名も「ビックリ!」 大穴マツリダゴッホ激走Vで3連単80万円=有馬記念
スポーツナビ - 2007/12/23 18:56

 JRA(日本中央競馬会)の1年を締めくくる総決算のグランプリレース、第52回GI有馬記念(2500メートル芝)が23日、千葉・中山競馬場で開催され、9番人気のマツリダゴッホ(牡4=国枝厩舎)が早めスパートから押し切って優勝。

単勝52.3倍の穴馬によるアッと驚く快勝劇に、11万人を超えるファンが詰め掛けた中山競馬場は騒然となった。
3連単は80万880円の高配当で、3連複の7万3320円とともに、有馬記念史上最高の払戻金となった。

騎乗した蛯名正義は2001年マンハッタンカフェ以来となる有馬記念2勝目、管理する国枝栄調教師はうれしい初勝利となった。


 1馬身4分の1差の2着には安藤勝己騎乗のダイワスカーレット(牝3=松田国厩舎)。これが引退レースとなるダイワメジャー(牡6=上原厩舎)が3着に入線した。

一方、武豊騎乗の1番人気メイショウサムソン(牡4=高橋成厩舎)は8着、ファン投票1位で3番人気だったウオッカ(牝3=角居厩舎)は11着と、それぞれ惨敗に終わった。


 殊勲のグランプリVに導いた蛯名でさえ、信じられない驚きの勝利だった。
 「いやぁ、ビックリですね。みんながアッと言ったというよりも、僕がアッと言っちゃいましたから。まさかと思いました。ゴールした後、ファンの方からは『KY!』って言われてしまいましたからね(笑)」

 冗談交じりに大きな笑顔を浮かべながら勝利の感想を語った蛯名。しかし、まったく勝負にならないと思っていたわけではもちろん、ない。
この秋から美浦トレーニングセンターに新たに導入されたポリトラック馬場での最終追い切りでは、豪快な伸び脚を披露。
「抜群の動きでしたからね。前走の天皇賞とはまるで違うと思っていましたし、状態だけには自信がありました」と、蛯名は密かに手応えを感じていたのだ。


 ただ、今回は相手が相手だけに強気なコメントを言えなかったものの、レースでは好スタートから先行3番手の絶好位を確保。
「誰も行かなかったら逃げるくらいのつもりでいました。典ちゃん(横山典)が行ってくれたんで、抑えて行ったんですけど、それでもだいぶ行きたがりましたね」と道中は引っ掛かるくらいの勢いで、スローペースの中をダイワスカーレットをぴったりマークするように追走していく。

 そしてペースが上がった3コーナー過ぎから積極的に逃げたチョウサン、2番手のダイワスカーレットとの差を詰めていくと、直線入り口では前の2頭をかわして一気に先頭に踊り出た。
 「最後まで内を通りたかったですからね。安藤さんが内に来る前に自分の馬をそこへ出したかった」
 この蛯名の積極騎乗がズバリとハマり、ダイワスカーレットを出し抜くだけではなく、メイショウサムソン、ウオッカら怖い後続勢ともセーフティリードをキープ。
そのまま、最後の直線では影も踏ませず先頭でゴールに飛び込んだ。
蛯名が歓喜の瞬間をこう振り返る。

 「直線は長かったですね。スカーレットが離れていないというのは分かっていましたし、何かに差されるんじゃないかと思ってた。でも、『勝っちゃったよ。ビックリ』というのが正直な感想でしたね(笑)」


 グランプリという大舞台でアッと言わせることに成功し、笑いが止まらない国枝調教師もやはり、この激走の要因に「追い切りは元気いっぱいでしたし、いい状態だなと思っていました」と、出来の良さを挙げる。

 また、マツリダゴッホは早世した大種牡馬サンデーサイレンスの最後の世代。
「サンデー産駒らしく、成長力がすごいということですね。力強さに欠けるところもあったんですけど、秋になってどんどん良くなっていきましたから」と、SS産駒特有の成長力も大きな勝因に挙げた。

 そして、忘れてならないのがマツリダゴッホと中山競馬場との相性。
今年制したGII2勝はいずれも中山コース。通算でも7戦して4勝2着1回3着1回(残り1戦は競走中止)と、群を抜く好成績だ。
この中山との相性含め、改めて勝因を問われた蛯名がこう語る。

 「中山だと本当に手応え通りに最後まで走ってくれる。それに、今日はスムーズに走れたのが一番。内枠も良かったですし、今日の馬場状態ぐらいが一番走りやすかったのかもしれないですね」

 馬の状態、コース、馬場状態、枠順、展開、そして騎手の腕と、すべてが100パーセントにかみ合ったからこそつかんだ大きな勝利。
有馬のタイトルを得たことで、東の総大将として、そして日本を代表するトップホースとしてさらなる成長と飛躍が期待される2008年。
来春はグランプリホースの看板を引っさげ、同世代のライバル・メイショウサムソンらを相手に伝統の天皇賞・春に挑むことになる。

[ 2007/12/23 19:23 更新 ]
スポンサーサイト

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。