2011年02月

2011年02月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

□社台サラブレッドクラブのコメント□

2/5(土)京都9R・エルフィンS (芝1600m・牝)に安藤勝騎手で出走、馬体重は-8の448kgでした。

立ち遅れたスタートでしたが、すぐにダッシュがつくと先団に取り付き、4番手あたりからレースを進めました。
道中は外でじっくりと脚を溜め、直線に向くと大外から先に抜け出した2着馬と馬体を併せ、きっちりとゴール前振り切りうれしい2勝目を挙げました。

勝ちタイムは1:34.4、2着とは0.2秒差でした。

殊勲の安藤勝騎手は「スタートで若干遅れ、そこから少し押して行ったら、ややハミを噛んで行きたがりました。しかし、すぐに落ち着いたしそれほど問題はありませんでした。直線で外に出してからはいい脚を使ってよく伸びてくれました。一戦ごとに道中の行きっぷりがよくなっていますし、これからまだよくなってきそうで楽しみです」と笑顔でコメントしています。
スポンサーサイト

[RSS]

□社台サラブレッドクラブのコメント□

2月13日(日)東京・ダート1300m戦に田中勝春騎手56kgで出走、馬体重は前走から2kg減った492kgでした。

スタートを決めて5番手グループの外を追走し、馬なりのまま直線に向きました。
馬群の真ん中を追い出されましたが、ゴール前で伸びを欠いて後退してしまい、7着での入線に終わりました。
勝ち馬とは0.8秒差で、残念ながら1番人気の支持にこたえることができませんでした。

レース後、田中勝春騎手からは「うまく乗ることはできたと思いますが、道中は少し力んでひと息で走ってしまうところがあります。道中の息の入れ方をわかっていないから、東京コースでは最後苦しくなりますね」とのコメントがありました。

また、河野調教師は「返し馬では落ち着いていましたが、力んでしまうところがあるようです。現時点では小回りのコースが合っていそうなので、次は福島のダート1000m戦を目標にしたいと思います。いったん短期で放牧に出すことも考えています」と話していました。

[RSS]

□社台サラブレッドクラブのコメント□

レース後も変わりありません。
騎手が跨ったとたんにムキになってしまうため、本来の力を出し切れない印象です。
今週末あたりに山元TCにリフレッシュ放牧する予定で、うまくガス抜きしたいと考えています。
このあとは1回福島開催のダート1000m戦を目指していきます。

[RSS]

□サンデーサラブレッドクラブのコメント□

2月26日(土)中山・ダート1200m戦に55kg田中勝春騎手で出走し11着、馬体重は前走から4kg増の454kgでした。

スタートから抑え、最後方からのレースを選択しました。
3~4コーナーにかけてもラチ沿いで脚をため、直線入口から仕掛け出しました。
ところが直線も持ち前の鋭い末脚を繰り出すことはできず、後方のままレースを終えています。
勝ち馬から1秒2差で入線しています。

レース後、田中勝騎手は「前半ついていけませんでした。脚抜きの良い馬場の方が良いですね。最後の直線は頑張っているだけに、レース前半で良い位置取りが欲しかったですね」とのことで、粕谷調教師は「馬体は良くなっています。続戦していきましょう。チャンスは来ると思います」とコメントしています。

[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。