2002年11月

2002年11月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

真田広之に会いたい。
趙雲に会ってみたい、せめて夢の中だけでも…

なのにいつもすんでの所で会えない、もしくは姿を見て話しかけようと思ったら邪魔が入るのはなぜ?
私に何か恨みでもあるのか、お二方。

そりゃあ、Kinki・Kidsとデートもしたさ。
雛形あきこが売れ始めた頃、クラスメイトだった夢を見てちょっとファンになったりもしたさ。
周瑜とは戦をした仲だしさ。

でも、なんで君たち二人はレギュラーじゃないの?
『自分の見たい夢を見る方法』とかも試したけど、全然だめ。

こういうことって、ありませんか?

スポンサーサイト

[RSS]

昔住んでいた家の前で、弟の駐車の仕方が下手だったので、車庫入れをしなおす夢。
外車で窓がすごく小さく、視界の悪い小型のトラックで、マニュアルミッションでした。後ろの方で父や友人が監督をしていました。

クラッチがとてもつながりにくく、慎重にアクセルを踏む…
動かないよ、このトラック。何で?
と思っていると、

「外車はアクセルが真ん中に決まっとろーが!」

夢の中の私は「えっ?知らんかったよ、そんなこと。初めて知った」と本気でそう思いました。
もちろん、アクセルは真ん中で正解!ちゃんと動きましたよ。
夢の中って、何が常識なのか、よく解りませんね。

[RSS]

ロンドンブーツ1号・2号と一緒に、超豪華ホテルの中を冒険する夢。
いろんな扉を開けて、迷子になって、何とか屋上から飛び降り、脱出成功!

っていうか、なんでロンブーなんだろう。すごく疑問。

[RSS]

ついにタッキー登場。じゃにーずのタッキーです。
彼が小学校の後輩という設定でした。
彼は遊んでばかりでちっとも勉強をしない子。そして3年3組の悪ガキでした。
たまたまクラスの前を通った私は、悪ガキ共にいじめられている先生を見るに見かねて助けに入りました。
タッキーにむかって、私は何か自分でもかっこいいと思ってしまうようなセリフでお説教するのですが、肝心なセリフを忘れてしまいました。思い出したら載せますね。
とにかく、そのセリフにじーんときたのでしょうか、タッキーは泣きながらゴメンナサイって言っていました。

多分、電車の中で「FinePix」の広告を見たのと、『笑っていいとも!』で滝沢秀明さんというおじさんが登場していたから見たんだと思います。

[RSS]

以前、タイヤとホイールを売るお店で働いていました。
車のことをよく知らないと解りにくいのですが…
「オフセット50?」(ちなみにホンダ車オフセット)
とか、
「ツメ折って下さいね?」
と、よくうわごとを漏らしていました。

最近は、年賀状の差出人印刷のバイトをしているので、
「モノクロよりカラーがいいですよね?」と、帰りの電車で夢見ていました。

夢の中でくらいゆっくりすればいいのに、何か損してるような気がします。

[RSS]

横山やすしがお父さんだった。
アメリカン、且つ3人乗りできるバイクに乗っていて、私と妹を乗せ、飛行場へ連れて行ってくれた。

そこでは、なにやらショウをしていて、ドリキンもいたように思う。爆音でうるさいやっちゃ、と思った。

次の人がすごかった…
ロケットにしがみついて50メートルくらいの高さまで打ち上げられ、そこからシャトルのように分離!
生身の人間なのに!!
そして、スケボーのようなサーフボードのようなものに(一応)乗って、パフォーマンスしながら降りてきた!

とんでもない目立ちたがり屋だな、と思った。

[RSS]

久々に『真・三国無双2』にはまったからだろうか、またもや兵卒になった夢を見た。

そこは練兵場。弩と弓の練習をしている。
私も弩を渡され、上司(什長?)に
「的を射るんだ」
と言われた。周りを見ると、なんと人が的になっているではないか。
「そうそう、その調子」
何のことはないこのセリフも、胸や腹に矢を突き立てたまま言われたらちょっと怖い。
それでも、的達は笑って言う。
「早くあなたも練習しなさい」
はい…そうさせてもらいます。痛くないのかな、と思いつつ私は、私の方を向いて立っている3人組の生きた的に向かって弓を放った。
ドスッ
真ん中に立っている的の、腹に刺さる。
「う?ん、いい感じだけど、もうちょっと心の臓を狙わなきゃ」
は、はい…次は頑張ります…どうやら彼らは痛くないらしい。
それから2、3本連続で胸に刺さった。
「うん、合格。次の会戦、頑張ってね」

どうやら立派な弩兵になれたようだ。

[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。