2002年10月

2002年10月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

見た夢とは全然関係ない…こともないけど、今まで夢を見ていて、特に空を“飛ぶ”夢を見て悟ったことがあります。
それは、夢だと気が付いた時に「あっ、夢だ」と思ってはいけない、ということなんです。

夢だと気が付いた時の自分の心って、きっと現実世界に戻っていると思うんです。現実世界では飛ばないのが当たり前。
だから、「あっ、夢だ」と思うだけでは、現実世界の常識に戻ってしまうので、だんだん落下していくはずです。私も何度も経験しました。
そこで、心がけて「夢だから、飛ぶのが当たり前なんだ?っ」と思うようにしています。

これは、結構他のことでも応用がきくはず。
例えば、「あの角を曲がれば、絶対家に帰れる」とか。
要は 思いこみ ですね。ちょっと難しいけど、お試しあれ。

スポンサーサイト

[RSS]

これまた、夢じゃないんだけどね、私はとっても寝相が悪いそうです…
突然両手を上に上げてそのまま力を抜き 「ゴン」 とベッドのふちにぶつけているそうです。しかも、何度も…
また、仰向けで寝ているにもかかわらず片足、もしくは両足のひざを曲げて寝ているらしいです…

まあ、他にも挙げればきりはないですが、こんな時は一体どんな夢を見ているのでしょう?

[RSS]

私はよくお金を掘っています。
本当に掘っています…もちろん、夢の中で。
決まって小学校の、校舎と体育館をつなぐ渡り廊下のそばで。
はじめは100円玉がちらっと見え、それを拾うと次々小銭が現れます。
そのうち、500円玉を求めて地面を掘り返すのです…
小判がざっくざっく
とっても嬉しいのですが、いつも使う前に目が覚めます。
こういうこと、ないですか?
だけど、小銭しか出てこないということは、所詮大金持ちにはなれないっていうことでしょうかねぇ?

ちなみに、私の母も同じような夢を見ます。
ある日、拾った10円玉がかわいいハート形だったという夢を見たとか…
ハート形はさすがに見たことないな…

[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。